子育て

私立中学校の文化祭見学について。文化祭に行くのはメリットだらけ

私立中学校の文化祭は、どの学校も校風や個性があふれていてどの学校に行っても楽しめます。

 

実際行ってみると、男子校の楽しさ、共学の楽しさ、女子校の楽しさなどそれぞれの良さがあって良いですよね。

 

受験校に足を運ぶ機会は学校説明会や授業見学など何回かありますが、文化祭は言ってみればその学校の「素」の部分が見られるため、絶対に言っておいた方がいいです。

 

今日は私立中高に通わせている保護者目線で「文化祭に行くならここに注目!」というポイントを記したいと思います。

私立中学校の文化祭に行くメリットとは?

視聴者, コンサート, 音楽, エンターテイメント, 人, 群衆

私立中学校の文化祭に行くメリットを自分の体験とあわせて紹介したいと思います。

モチベーションが上がる!

はい。これに尽きます。憧れの学校の門をくぐった瞬間にスイッチが入って「絶対にここに通いたい!!」と思うお子さんも多いです。

 

もれなく我が家もそうでした。

通学路を歩き、学校の正門をくぐり、制服を着ている先輩方の姿が目に焼き付くので、具体的に自分が通っている姿が想像できるんですよね。

 

夏休み明けもいまいちスイッチが入らなくてどうしようかと思っていたのに、文化祭を見に行ってからドライブがかかって勉強するようになったお子さんをたくさん見てきました。

 

なので、絶対に志望校の文化祭は行くべきだと思います。

通学路の確認ができる

受験したい学校の文化祭に行く時、通学路としてつかるルートで訪れてみるといいでしょう。

 

  • 駅やバスを使う場合、乗り換えがあるか?何回乗り換えるか?
  • 駅から学校までどれ位時間がかかるか?
  • 通学路の雰囲気はどうか?街中か住宅街か?

 

中学生になると電車通学をしている子どもたちも多く、特に珍しい風景ではありません。しかし、乗り換えが多い、通学時間が1時間を超える場合、子どもたちの負担になることは間違いありません。

 

文化祭に行く際に、一緒に往復してみて「ちょっと大変だな。」と感じたらその直感は大事にされた方がいいと思います。

 

実際に学校生活が始まって、部活や塾が重なると通学時間が長いと本当に大変です。

 

また、駅から学校までの通学路が辺鄙で人通りが少なかったりすると少し心配です。もちろん通っているうちにお友だちも出来て、一人で通わないかもしれませんが、最悪の時を想定して子ども110番(※)の家を確認したり、コンビニや警察署などいざとなったら逃げ込めるところを確認しておくと良いでしょう。

(※)子ども110番の家とは、地域ぐるみで子どもたちの安全を確保することを目的として、身の危険を感じた時などの「緊急時に安心して助けを求め駆け込める場所」として各自治体・学校等が民家、店舗、事業所等に協力を依頼して設置されたものです。

埼玉県警HPより

通っている生徒の本当の姿が見える

わたしは娘が女子なので、女子校のことしか申し上げられませんが「深窓のお嬢様がたくさんいらっしゃる学校」と思っていても実際はものすごく活発なお嬢様がたくさんいたり、そういう発見も新鮮です。

 

「〇〇を見に行きたいのだけど、この教室はどこですか?」という質問に対して的確にはきはき答える生徒がいる学校はとても頼もしいものです。

 

あと、素の生徒さんたちの会話を聞くことが出来るので普段の学校生活の一部を垣間見ることが出来ます。(悪趣味じゃないですよ、距離が近いので会話が聞こえてきます)

保護者にも会うことが出来る

学校によっては保護者のお手伝いをもらって運営している部署もあります。その時に保護者の方が楽しそうに活動されている様子もわかります。また、普通に文化祭を訪れている保護者もいらっしゃるので保護者の方の様子も分かります。

 

保護者の方も心から楽しんでいる学校なら、おそらくお子さんがそこに通ったらきっと楽しい学園生活が送れると思います。

文化祭の時期は早めにチェックすること

書籍, ライブラリ, ルーム, 学校, 研究, 知識, 教育, シェルフ, 光

麻布中学校や栄光などは5月に文化祭が開催されますが、多くの学校は9月から11月が文化祭が行われるメイン時期。フェリスなどは「フェリス祭」として学校の名前ですが横浜共立学園の「秋桜祭」、慶應義塾中等部の「展覧会」のように学校名と異なる呼び名で文化祭を学校もあります。

 

特に女子校の場合、部外に情報を流さないことも多いため塾やその学校に通っている知り合いの方の情報を頼りに日程を確認しておいた方が良いでしょう。

入場チケットが必要な学校もある

特に女子校に多いのですが、入場チケットが必要な学校があるため事前に確認しておきましょう。ただ「受験生」である場合、記名して入場できる学校が多い印象です。

どんな格好で行った方が良いか?

「保護者の格好 ...」の画像検索結果

お子さんも、保護者の方も普通の格好で大丈夫です!何が普通かと言われて戸惑うのですが、上下スエット+サンダルで行く人はいませんよね。

 

「保護者の方はなるべくスニーカーではいかないこと」という記事を見たこともありますが、大体どの学校でもスニーカーの保護者の方はたくさんいらっしゃいますので、わたしはスニーカーでも大丈夫だと思います。

 

ただ、わたしも知らない学校で細かく決められている場合はその規則に従ってください。

 

わたしがお伝えしたかったのは「そこまで神経質にならなくても大丈夫」ということ。特にお子さんの服装はよっぽど奇抜でない限り大丈夫です。

まとめ

ダンス, 人物, 演劇舞台, 独白

今年もいくつかの学校の文化祭に遊びに行きました。特にある女子校の演劇部が素晴らしかったのでシェアしたいと思います。

 

どれくらい素晴らしかったかというと、わたしは演劇が好きで大小かかわらず、年に何度か舞台を観に行くのですが生徒の手作りという点を差し引いても、プロと引けを取らないほどでした。

 

第二次世界大戦中のナチス占領下のパリ。主人公はユダヤ系の踊り子。時代背景もさることながら、難しい問題を何とも見事に表現しきったそのお芝居は1時間という時間があっという間に過ぎて、そのお芝居中に3回嗚咽を上げて泣きました。

 

その脚本・演出も生徒がされていて、もしかしたら近い将来彼女の名前を見ることがあるかもしれないと密かに楽しみにしています。こんな才能がある生徒さんがいる学校はやはり類は友を呼ぶといいますか、通っている生徒も心優しい、そして勤勉で熱心な生徒さんが多い印象でした。

 

文化祭に参加するスタイルは10人十色ですが、演劇を通してもどんな生徒さんが在籍しているか分かります。

 

是非、第一志望の学校をじっくり楽しんでみてください。そこで新しい発見があると思います。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村

掃除・片付けランキング

こちらの記事も読まれています↓

中学受験まさかの失敗体験談。中学受験で気を付けること