徒然日記

【ワーキングママの徒然日記】やる気を出すものなんかない!

おはようございます!すっかり秋ですね~

 

今年はさんまをまだ食べていません。

 

今年は例年に比べて取れ高があまり良くないそうですね・・・

 

今日帰りが早かったら買って帰ろう。魚ネタでもうひとつ。

 

関東に来てビックリしたことは、魚がとっても高いこと!

 

実家に住んでいる頃はアジ、カワハギ、タチウオ、サバ、イカ、イシダイ・・・ほとんどの魚は近所の漁師さんからいただいていました。

 

その代わり、網の修理とかを手伝う。(父がね)

 

お野菜は祖父が作っていたし、果物はキウイ、スモモ、カキ、イチジク、キンカンは自宅で採れていたので買ったことなかったな。

 

恵まれていましたね。

 

地方出身の後輩に「買い物に行かなくても手に入った食材(地元で)」を聞いてみました。

 

長野の子は、リンゴ、きのこ、山菜と言っていました。鹿児島の子は、サツマイモ、魚全般、お米(!)と言っていました。

 

きっと自分で育てていたのに加えて、お互いの畑で採れたお野菜をあげたりもらったりしているんだと思います。

 

地方はこういうところが良いですよね。

 

実際、帰省した時には近所でお世話になった人にお土産を買って帰るけど、わたしが関東に戻る時には沢山お野菜やお土産をもらいます。

 

しかもお野菜、全部味が濃くて美味しい。(あー、そろそろ帰省したくなってきた)

 

コロナでまだ今年は1度も帰っていません。冬も見送る予定なので、次に帰れるのは来年の夏くらいかな・・・

 

早くコロナが収束しますように。

 

さて、今日のタイトル「やる気を出すものなんかない」ですが、やる気って何でしょうね・・・

 

今日はなんかやる気が出ない・・・なんて口にしたこと、ないですか?

 

わたしもこの「やる気」に左右されていた時期がありました。

 

今はほぼフラットですね。日々淡々とタスクをこなす。

 

ただ、朝起きてめちゃくちゃテンションが上がっている時は1日を通して生産性が高いです。

 

子育て真っ最中の30代はやる気どころか日々の生活に追われてほぼ記憶がありません・・・

 

やる気が出たら、本を読もう
やる気が出たら単語を覚えよう
やる気が出たら・・・

 

「やる気」って向こうから勝手に来てくれないんですね、これが。

 

そのそもやりたくないことを実施する時は、「やる気」なんて湧き出ることがない。

 

湧き出ることのない「やる気」をあてにして入るわけですから、いつまでたっても先に進まない。

 

やる気を待つ→期日が迫る→それでもやる気を待つ→いよいよ期日が迫る→やっつけ仕事になる。

 

はい。全て悪循環です。

 

なので、日々のタスクはやる気なんてあてにしないで淡々とこなす。これにつきます。

 

タスクをこなした後にやったことを振り返ると「おおお!ここまで出来た」と小さな満足感を得られます。

 

それで良いんです。

 

この満足感を胸に、また、次の仕事に取り掛かります。そして終わったら自分を褒める。

 

小さな満足感を溜めていく感じです。

 

これは英語やほかの作業も一緒ですよね。自分で決めたタスクを淡々とこなしていく。

 

例えば、英語だったら1日5フレーズずつ暗記していけば1年後には1,825フレーズですよ!

 

これだけ暗記すれば会話はなんとかなるでしょう。英語が話せるようになると自分に自信が付きます。

 

ブログやYouTubeも一緒です。自分が決めた頻度で必ず更新する。

 

やる気なんてあてにしない。
自分が決めたことは淡々とこなす。
これだけ。

 

これが出来るかどうかでその後の成果は変わります。

 

あ、でもやる気を出す方法、探せばありました!わたしの場合好きな音楽を聞けば大抵「っしゃ!」となってますねw

 

最近のお気に入りはAmazonプライムmusicの「屋久島の雨」と「久石譲」です。

 

屋久島の雨は本当に「雨」だけの音源で、ずっと途切れることのない雨音が集中力を増してくれます。

 

これは文章を書く時に効果を表します。

 

「久石譲」はお馴染みジブリ作品のクラシック版です。

 

こちらは動画を編集している時に流しています。音楽とコーヒーの香りがあれば淡々と前に進みます。

 

やる気を出すものなんかない、と言いながら割とありましたね(汗

【編集後記】

アメリカと日本(もしくは世界のどこか)を2週間ごとに転々としている日系アメリカ人の友人はいくつも会社を経営し、数年に1回は大学で学位をとっているすごい人。

 

スタンフォード大学を卒業して、日本に来た時はほとんど日本語を喋れなかった彼。

 

毎日六本木に飲みに行って、1年後にはぺらぺらになっていました。

 

そんな彼にやる気ってどうやって起こすのかを聞いたことがあります。

 

「やる気?なにそれ」

 

でしたw

 

アメリカにいる2週間の間は主夫になり、家事と子育てをして、日本に来た時には仕事をしながらほぼ毎日飲みに行っている彼に、いつ勉強しているのかを聞いたところ

 

「えー、どこでも出来るじゃん」と言っていました。

 

サンフランシスコから東京までの移動時間はものすごく集中できるし、日本の地下鉄の中も最高らしいです。

 

そして、時差ボケしない秘訣は「日本についたらまずは六本木に飲みに行って寝ないでそのまま朝を迎えて仕事に行く」だそうです。

 

やっぱりすごい人はぶっとんでますね。

========================================

メルマガではワーキングママに必要な情報や、生活に取り入れたい美の情報、副業に関しての情報を無料で毎日配信していますので是非ご登録下さい!

 

 

ブログランキングに参加しています応援して下さると励みになります!!

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村


ワーキングマザーランキング

こちらの記事も読まれています↓

節約って言葉嫌いです。節約をしなくなったら逆に豊かになった理由本屋に行けば「節約術」などは平積みになっているし、インスタグラムのタイムラインで流れてくるのは節約術の情報がたくさん・・・ 共働き...
ABOUT ME
北川遊亀
フルタイムワーキングママです。 自分が追い求めている幸せって何だろう??? そう思いながら働いていました。 お金を稼ぐこと?自由になること? 間違っちゃいないけど、それだけでは何か物足りないことに 気が付きました。 家族の健康と幸せを見守りつつ、自己実現を達成する。 これだなと。 稼いでも家族との時間が取れなければ幸せじゃない。 時間があってもお金がないとやりたいことが制限される。 バランスが大事だということに気付いた40代。 家族との時間を取るために時短家事を上手く取り入れて 手を抜かないところは丁寧に。 ここもバランスが大事。 丁寧な生活・時短家事・ゆとりを生む副業、生活を豊かにするための情報を日々発信しています。 メルマガではより濃い情報を発信していますので是非登録して くださいね!