捨てる・片付け・掃除

キッチンの掃除にはオキシクリーンを使う!コンロや換気扇、ヤカンにも!

キッチンの掃除に絶対に使ってもらいたいのは、何といってもオキシクリーンです。オキシクリーンの名前を初めて聞いた方もいるかもしれません。

 

そこで今日はオキシクリーンとは何か、オキシクリーンを使った掃除術をお伝えしたいと思います。

オキシクリーンとは何か?

オキシクリーンとは、アメリカでは普通に売られている酵素系漂白剤のこと。アメリカで販売されているものと同じのは、実はコストコで購入することが出来ます。

 

キッチンからお洗濯や掃除に至るまで、あらゆる場面で使用できて、その洗浄力が半端ない!!!

 

塩素系の漂白剤と違って安心、安全なのでお子様やペットがいらっしゃるご家庭では、是非使っていただきたい洗剤です。

成分

オキシクリーンの成分は酸素系。
この酸素の泡が付着した汚れを表面に浮き出させて、洗浄します。

 

オキシクリーンの主要成分は過炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)は実は自然界に存在している成分なのです。だから、自然にも優しい。

 

その仕組みは、炭酸ソーダと過酸化水素水を化合して作られています。

 

酸素は塩素系と違い、強力な洗浄力なのに布系を傷める事が少なく、衣類に使用してもボロボロになることはなく、使用回数が増えるほどに益々白くなります。

過炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)とは

過炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)は酸素の力で汚れを分解するのが特徴。これが「油の分解」「除菌」「漂白」をする成分。

 

オキシクリーンの主成分である過炭酸ナトリウムはお湯に溶かすと活発になります。2Lほどの熱いお湯に大匙1杯のオキシクリーンを投入すると、ものすごく泡が出ます。

 

これが油よごれやその他の汚れを分解する効果のある酸素の泡なのです。

 

40〜50℃程お湯が一番効果が発揮できるので、漬け置きの場合はこの温度を使いましょう。

オキシクリーンを使う時の注意点

水洗い出来ない素材にはオキシクリーンは使用できません。例えば革製品、シルクなどには使えません。

 

換気扇にも使用できますが、漬け置きでコーティングが剥げる場合もありますので注意が必要です。ステンレスにも使用できますが、例えばステンレスボトルなどでコーティング加工されているものは剥げるので漬け置きはしてはいけません。(わたしも失敗したことがあります。)

キッチンの掃除とオキシクリーン

キッチンの中でも水回りではなくて火を使うところ、コンロや換気扇は毎日のお料理で油でギトギトになっています。年末の大掃除の時に、取れない油との戦いでへとへとになった記憶はありませんか?

 

わたしも経験があるのですが、油汚れに強い洗剤を変えてみても全く歯が立たない。テレビショッピングで購入した100戦練磨と呼ばれた洗剤でも全く取れない。

 

そんな油でギトギトの換気扇が、今までどんな洗剤でもびくともしなかった油汚れが、スルーっと取れていきました。(漬け置きせずに)

 

これまでの洗剤では、白く乳化して固まって動かなくなってしまいましたが、オキシクリーンをお湯で溶かして使うと白く乳化したものが緩くなって、そのまま擦るとスルーっと取れていきます。

蚊帳(かや)ふきんの洗浄

我が家では食洗機を使用していません。正確に言うと、以前は使っていたのですがある時を境に、「食洗機は使わない」という結論に至りました。

 

では、食器を洗った後はどうするかというと、蚊帳(かや)ふきんを敷いた上にお皿をふせて乾かします。

 

使用した後はお湯で洗って乾かします。2、3回に1度は煮だして汚れを浮かせて洗浄。その時にお鍋に約2L程のお湯を沸かし、大匙1杯のオキシクリーンを溶かします。

 

その時、「ぼわっ!」と泡が出ますので気を付けて下さい。

 

それで5分ほど煮だした後は粗熱が取れるまで放置し、完全に熱が取れたら水で洗い流します。

 

そこで!!使用した後のオキシクリーンを溶かしたお湯は捨てないこと。これを使用して磨くとピカピカになるものがあるのです。

 

それは何だと思いますか??

蚊帳(かや)ふきんを煮出した後はヤカン磨きに使う

そう、コンロに必ず存在するもの。ヤカンです。

 

コンロに常にあるため、油焼けして、擦っても擦っても取れないと思います。それが、このかやふきんを煮出した後のお湯を使うと、本当に驚くほどピカピカになるのです!

 

まだ暖かい、オキシクリーンが溶けているお湯にヤカンを20分ほど漬けておきます。そして、軽く磨いてください。

 

「あああっ!」と声が出るくらいピカピカになりますので、騙されたと思って一度実施してみて下さい。

 

この時注意する点は、素材です。ヤカンの素材がステンレスならOK。ホーロー等は漬け置きはしない方が良いです。

まとめ

オキシクリーンは油汚れに対して、その高い洗浄力で威力を発揮しますが、お洗濯時に漂白剤として使うことも出来ます。

 

キッチンの五徳もキュキュッとなるし、換気扇も気持ち良いほどキレイに油汚れが取れる。まさに一家にオキシクリーンがひとつあれば、どんな汚れも取り去ることが可能です。

 

☆彡ブログランキングに参加しています!ポチっとして下さったら励みになりますので、是非クリックお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村


掃除・片付けランキング

 

ABOUT ME
北川遊亀
フルタイムワーキングママです。 自分が追い求めている幸せって何だろう??? そう思いながら働いていました。 お金を稼ぐこと?自由になること? 間違っちゃいないけど、それだけでは何か物足りないことに 気が付きました。 家族の健康と幸せを見守りつつ、自己実現を達成する。 これだなと。 稼いでも家族との時間が取れなければ幸せじゃない。 時間があってもお金がないとやりたいことが制限される。 バランスが大事だということに気付いた40代。 家族との時間を取るために時短家事を上手く取り入れて 手を抜かないところは丁寧に。 ここもバランスが大事。 丁寧な生活・時短家事・ゆとりを生む副業、生活を豊かにするための情報を日々発信しています。 メルマガではより濃い情報を発信していますので是非登録して くださいね!