未分類

片付けがしんどい時どうするか。働くママの気持ちが楽になる方法

働くママは、圧倒的に時間が足りない。時間が足りないから、片付かない。本当は時間があれば、片付けに力を入れたいのに・・・

 

こう思っていると、ますます、片付けがしんどく感じます。

 

わたし自身も、今なおフルタイムで働きながら子育て中ですので、その気持ちが痛いほどわかります。

 

さらに、汚い部屋に帰ってくると、精神的にもしんどいですよね。

 

さて、そんな汚部屋が嫌で、片付けられない自分も嫌で、精神的にしんどい時、どうしたら気持ちを切り替えられるか。

 

今日は気持ちの切り替え方について考えていきたいと思います。

片付けがしんどい時、気持ちを切り替えられるかが鍵

社会生活を送っていると、必ず凹んだり、悲しくなったり、やるせなくなる時に遭遇します。

 

自分を見失わないためにも、次のアクションをいつも通りに起こせるか。いかに気持ちを上手に切り替えるかが鍵になります。

財布の中を片付ける

片付けることが出来なくて、しんどいあなたに是非してもらいたいことがあります。

それは、「財布の中を片付けること」です。

 

たった数十センチの入れ物の世界ですが、この効果は絶大で「そんなことで・・・」と馬鹿にせずに是非、財布の片付けを実施してみて下さい。

 

【財布の中の片付けの仕方】

  1. 財布の中から、お札、小銭、レシート、クレジットカード、ポイントカード、全て机の上に出す。
  2. レシートは家計簿を付けた後(家計簿をつけていない人はそのまま)、破棄する。
  3. ポイントカードは直近で3カ月間使用していないものを、一旦外す。
  4. クレジットカードもメインで使っているもの以外、一旦外す。
  5. お財布は3年以上使っていれば、新しいものにする。

 

出来れば、ポイントカードは別のカードケースに入れた方が、良いでしょう。クレジットカードとポイントカードを同じお財布の中に入れていると、膨れ上がってしまうので、これを機にポイントカードケースを作るものお勧めです。

 

さらに、お財布の中にはお札だけ入れて、小銭は小銭入れに入れること。これは、おまじないみたいなものですが、いざやってみると、小銭は小銭でさっと取り出せて、「財布の奥から小銭が出ない」という、ストレスから解放されます。

 

一度、片付けが出来たお財布はスッキリと気持ちが良いものです。

鞄の中を片付ける

財布の片付けと同じで、普段通勤に使っている鞄の中身を一度全部だして、片付けてみることも気分の切り替えになります。

 

鞄の中が綺麗に整理されていると、仕事の出来る女、という感じもしますよね!(この、そんな感じ、というのが大事なんです。イメージはその人を作るものだから)

 

はい、では鞄の中身、出しましたか?

 

ティッシュ4つ、ウエットティッシュ3つ、ハンカチ2枚、ビニル袋、おもちゃ(!)、文庫本、化粧ポーチ、手紙、財布、定期入れ、飲みかけのペットボトル、ボールペン、手帳・・・まだまだ、ありますか?

 

何を隠そう、わたしの鞄の中は、いつもその様な状態で溢れかえっていました。

 

特に、子どもたちが小さい頃は、いつでも手を拭けるよう、いつでもゴミを捨てられるよう、ハンカチも、子どもが忘れた時貸してあげられるよう・・・こんな状態で、常に鞄の中はパンパンでした。

 

でも、気づいたんです。「こんなには要らないな」、と。

 

ハンカチも1枚でいいし、ウエットティッシュも1組あれば十分。飲みかけのペットボトルは要らないし、おもちゃも不要。

 

一度全部出してみると、「こんなに入っているのか!」と驚きますよ。

現状把握したあとは、不要と思うものを処分するだけ。

 

鞄の中に不要なものが入っていないということが、こんなにも気持ちが良いものか!と思いますよ。一度、やってみてください。きっと、その後の仕事にも良い影響があるはずです。

まとめ

朝起きて、ごはんを作り、お弁当をつくり、子どもたちを送り出し、(保育園、幼稚園の送り迎え含む)仕事に行き、家に帰ればすぐにお風呂をいれ、ごはんを作り、食べさせて、子どもたちをお風呂に入れて、寝かせて、家事を片付け、やっと自分の時間が出来たと思ったら深夜・・・

 

こんな毎日を送っていらっしゃる、ワーママさん。本当にお疲れ様です。

 

家族みんなが、心も体も健康に過ごすためには、綺麗に片付いた家であることが、大きくその成功に貢献します。

 

だから、まずは家の片付けが重要なんです。

 

よく、「それは分るけど、できない。無理」と言う方がいらっしゃいますが、まず「できない」という言葉を1週間だけ封じてみて下さい。

 

人は、宣言するとその目標に向かって動くという癖があります。

 

言葉には皆さんが知っているよりも、ずっと力があります。「できない」というと、本当にそうなる。お片付けができない自分像ができあがるのです。

 

だから、今後は「できない」という言葉は使わない。

そして、お財布、鞄、など身近ですぐに出来ることから始めるのです。

 

そうすると、「わたし、できた!」という、成功体験が脳に刻まれ、「できるわたし」に一歩ずつ近づく。

 

大丈夫ですよ、あなたは絶対に片付けられるようになる!

ABOUT ME
北川遊亀
フルタイムワーキングママです。 自分が追い求めている幸せって何だろう??? そう思いながら働いていました。 お金を稼ぐこと?自由になること? 間違っちゃいないけど、それだけでは何か物足りないことに 気が付きました。 家族の健康と幸せを見守りつつ、自己実現を達成する。 これだなと。 稼いでも家族との時間が取れなければ幸せじゃない。 時間があってもお金がないとやりたいことが制限される。 バランスが大事だということに気付いた40代。 家族との時間を取るために時短家事を上手く取り入れて 手を抜かないところは丁寧に。 ここもバランスが大事。 丁寧な生活・時短家事・ゆとりを生む副業、生活を豊かにするための情報を日々発信しています。 メルマガではより濃い情報を発信していますので是非登録して くださいね!