捨てる・片付け・掃除

片付けの基本。めんどくさがりの人の片付け方法。まずは簡単な所から

片付けることが苦手な人。めんどくさがりの人への片付け方法は、本当に基本中の基本を実行すると、良いかもしれません。

片付けが苦手な人は、ある癖があることが分かりました。その癖とは・・・

めんどくさがりの人の特徴

物を捨てないで収納グッズを買い足す

片付けることがめんどくさい人の特徴は、物を捨てる前に、収納グッズを買ってしまう、という特徴があります。

 

「捨てたらスッキリする」という思考にならずに、「溢れたものを収納するアイテムを買う」ことで、解決しようと試みます。

 

めんどくさがりの思考➡「物を片付ける=収納グッズを購入してそこに収納する」

 

これではいつまでたっても片付きません。収納グッズを買い足す前に、不要なものを見つけ、処分し、自分の持ち物を把握しましょう。

使った物を元の場所に戻さない

めんどくさがりの人は、「あった場所に戻す」という行為を億劫がる人も多い傾向です。

そもそも物の定位置を決めていない、という人も。

 

また、定位置を決めたのに、その場所がどこか分からなくなる人もいます。何でなんでしょうか?これは、無理やり定位置を定めているため、使った後定位置に戻しづらい、つまり、動線が悪い場合が多い。

 

そうすると、元の場所に仕舞うことがめんどうになってきます。まずは、動線を考えて無理のない位置に定位置を決めましょう。

つい後回しにしてしまう

「片づけなきゃ、片づけなきゃ」と思いつつも、片付けの優先順位を低く見積もっているため、つい後回しにする傾向があります。

 

そうすると、いつまでもごちゃごちゃした部屋で過ごすことになるので、何だかやる気も出なくて、益々片付けがめんどくさくなる、と、毎回この悪循環に陥るのです。

片付けの基本とは

めんどくさがりの人も出来る、片付けの基本は、「分ける」ことです。

わたしがお勧めする「分ける方法」はこんまりさんの「ときめく」気持ちを使うこと

 

ときめく、って素敵な言葉だと思いませんか?

ときめく物で囲まれていたら、毎日が素敵になる、絶対に素敵になるんです。

 

そんなわたしも、物が捨てられなかった時、自分で選んでいるはずの洋服でさえも、何か人から着せられているような感覚が拭えませんでした。

 

街のOLさんたちの眩しいこと。それに比べて、なんか自分はとてもダサく見える。

 

片付けが出来て、一番変わったことは、素敵なOLの方たちを見ても、自分のことを卑下しなくなったこと。(体重も減って、容姿が変わったことにも大きく影響されています)

 

だって今は自分の好きな、自分がときめく洋服しか持っていないんですもの。

 

誰がなんといっても、自分の好きなものに囲まれている生活を譲らない。これくらいの気概で臨んで下さい。

めんどくさがりの人必見、片付け方のコツ

小さな場所から片付ける

まずは、小さな場所から片付けること。お財布の中、鞄の中、冷蔵庫の中から始めましょう。下駄箱などでも良いですね。

 

ここで大事なのは、自分で考えてちゃんと処分すること。片付けた後のスッキリ感を実感することが、大事。『気持ちいい>めんどくさい』という構図になればしめたもの!

コチラの記事も参考に→こんまり流片付け術で失敗しない!捨てる効果はこんなにすごかった。

感謝してから物を処分する

「ときめいた物」だけを残し、後のものは手放してみましょう。捨てるのは心が痛いです。だから、処分するときは今までお世話になったことに対する感謝の気持ちを述べて、処分しましょう。

 

処分するときは、物に対する申し訳ない気持ちが生まれます。だから、買う時も慎重になるんです。そうして、本当に「ときめいたものだけ」購入する。

そうすると、物が増えなくなります。

収納はシンプルに

家計簿を付けることが3日坊主の人は、片付けに関しても3日坊主である傾向にあります。

 

なぜ分かるかというと、几帳面だから。几帳面な性格なので、1円合わなくても嫌だ、細分化しすぎて毎日続けることがめんどうになる。

 

片付けも同じで、収納があまりにも細分化され、片付けるときにいちいち考えないといけなくなり、片付けがめんどくさくなる。

 

これでは本末転倒です。家計簿ついでに話をすると、わたしの家計簿はとてもシンプル。大学ノートに食費、医療費、子どもの費用、車に関する費用、雑用品、その他、とこれだけ。(保険、学費は別で管理)

 

これだけでも、生活費の流れと一ヶ月の生活に係る経費が分かります。こんなにシンプルだからこそ、もう10年間続いています。

 

収納もこれと同じで、細分化せず、シンプルにすることが長続きするコツです。

まとめ

めんどくさがりさんへの対処は、意外とシンプルなことで改善されます。

自分の気持ち一つで、サクッと片付けられる人になってしまうことも良くあります。

 

片付けの基本は「捨てること」です。

捨てるものと捨てないものの分別方法は、とてもシンプル。

 

「それを使って心がときめくか否か。」

 

この方法で、身の回りに置くもの、自分の洋服、生活必需品を徹底的に分別してみて下さい。

コレができたら、もう片付けは完了したといっても過言ではありません。